2-4.【ハードディスク】衝撃や振動による故障

2-2.【ハードディスク】落下や水濡れによる故障」で触れた様に、ハードディスク(HDD)は落下や衝突に弱い構造になっています。

強い衝撃はもちろん、細かな振動にも気をつける必要があります。

ハードディスクが振動に弱い理由

ディスクとヘッドの隙間はごく僅か

2-2.【ハードディスク】落下や水濡れによる故障」や「2-3.【ハードディスク】ホコリが内部に侵入することによる故障」で触れた様に、HDDはデータ記録するディスクとデータの読み書きをするヘッドの間には、ごく僅かな隙間しかありません。

その隙間は微生物よりも、大気汚染物質のPM2.5よりもタバコの煙の粒子よりも遥かに小さな隙間です。

HDDの動作中に強い衝撃を与えなくても、微細な振動が続く様な場所では、ディスクとヘッドの衝突による故障に注意しなくてはなりません。

振動の種類と対策

微細な振動が起こる原因としては、電車や車が通る高架下の一室だったり、大型トラックが通る大通りに面していたり、近所に建設現場があったりと、設置場所に問題がある場合が多くなります。

設置場所の問題となると、防振材などを敷くなどして振動の軽減を図るか、先で説明するSSDの利用を検討するほかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました